読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"なんとなく生きてます"

 

生きる理由も別にないけれど、死ぬ理由も特別ない。

やりたいことも特にないけれど、かと言ってやりたくないこともそんなにない。

 

つまり

"なんとなく生きてます"

そう自分を語っていた。

 

 

 

なんとなくご飯を食べ、なんとなく歌をうたったり、なんとなく本を読んでみたり、

なんとなくの積み重ねで、なんとなく不安になる。

 

そんな折、とても好きなひとがとても素敵な言葉をくれた。

 

 

あなたの「なんとなく」は、言葉にならないだけで、

 もう、他にはない何かを探しはじめているのではないかと思うのです。

「なんとなくこっち」「なんとなくこれはいや」そういうのにこだわって、

 ある日ふりかえったら、そこには大切なものができているのではないでしょうか。

 それでも不安はあると思います。

 でも、できあがった大切なものと一緒なら、その時には、その不安さえも愛しく思えるような気がしました。」

 

 

 

わたしはまだこの言葉を上手く扱えないけれど、

少し涙がでた。

 

 

 

また先日、最近よく遊びにいっている場所の代表の方に


「きみはいつもなんとなくいるよね。

 それがいいんだよ、なんとなくいるから続くんだ。

 やる気が最初から有り余っているひとは後が続かない。」

と言われた。

その言葉を聞いて、なんとなくわたしを居させてくれるその方に、とても感謝した。

 

 

 

 

居るべき場所、自分を必要としてくれる環境、

そんなものを求めては自分探しをしてきたけれど

ほんとに大事なのは

"なんとなく居させてくれる場所"

なのではないのかな、とふと思った。

 

 

 

なんとなく生かせてくれる世界に、なんとなく感謝。