読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心地の良い会話

 

だれかが自分のいちばんすきなことを話している横で「うん、うん」と聞いているのがとてもすき。

 

それとはまた別に、特に心地の良い会話を一緒にしてくれる相手がたまにいる。

 

それを例えるとき、

わたしはあなたと向き合ってはいない。

わたしとあなたは視線を合さずに、壁にかけられた(もしくはイーゼルに立てられた)大きな白いキャンパスにふたりで向き合っている。

ふたりはそれぞれすきな画材を持って、

描きたいものを描きながら、たまには呼吸を合わせながら、

そして気まぐれにふたりの線を混ぜながら、ふたりで1枚の絵を描いている。

絵の内容にはあまり興味がない。

わたしの横で同じように絵を描く、あなたの楽しそうな息遣いを感じるのが格別に心地良い。

 

そんな会話を。

 

 

 

 

だから、あなたと1つの大きな絵を描けるって思ったとき、とても嬉しかったんだ。