読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋にあきる


誰かをすこし、好きになって

けどやっぱりちょっとちがうなあって思うようになって

失恋の定義にも当て嵌まらないような小さな、

そう消恋とでもいうような

そんなことをたった25年の人生で無数に繰り返していくうちに、

自分の恋心などというものに

ほとほと飽き飽きしてきている。

 

 

誰かをすこし、好きになる度に

きっとまた今までのように消えていくのだろうと

はじまる前から思っている。

わたしはわたしの恋を信用できないが、

ある意味わたし自身の秩序のようなものを信用しているのだろう。

 

 

 

恋にいきるひとはすごいなあ

恋にあきたりしないのかしら。