読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まほうのはなし


今朝蝉の声を聴いた

今年の夏に入ってはじめて聴いた

 

おふとんの中でのまどろみの中、

「あ、蝉が鳴いてる」

と頭に降ってきた住人の声で、

蝉の声を聴いた。

 

 

本当は、もっとはやく蝉の声を聴いていたのかもしれない

蝉はもっとずっと前に、

わたしの傍で鳴き続けていたのかもしれない。

 

 

世の中には聴こえていない音がたくさんあれば、

見えていない景色もたくさんある。

 

ひとりの人間が感知し、認知するには

この世界は煩く、あまりにも鮮やかだ。

 

 

 

 

そんな世界で、

今朝わたしは蝉の声を聴くことができた。

 

「あ、蝉が鳴いてる」

 

この言葉こそが、わたしが"まほう"と信じているもののひとつ。