読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前

 

 

そういえば一度も名前を呼んだことの無い人に

そういえば一度も名前を呼ばれたことの無い人に

ふいに「みみこちゃん」と呼ばれ、心を揺らしてしまった。

 

何処かの物語では、自分の名前を打ち明けることは

自らの魂を預けることにも等しい世界があるらしく、

思い返せば、特に好きでも嫌いでも無いはずの自分の名前を

過去の恋人達にすら、ろくに呼ばせてこなかった。

 

果てに仮面を被るように、自分で自分を名付け

服を着替えるように使い分けては遊んでみたものの

その作り物の名前ですら、呼ばれることに抵抗が出来てしまったとは

もうそろそろ、捨てどきなのかしらと思ったり。

 

でもそれはもしかすると、親から与えられたものでは無く、

自らが作り出した、自分のための名前だからなのかもしれない。

(猫田耳子自体に大した意味合いも、強い意志も無かったはずなのだけれど)

 

 

名刺に載せるためだけの肩書なんかで試行錯誤するよりも

ある程度の人生を経た頃に、自分の名前を名付ける文化が生まれてもいいのになあとふと思いました。