読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠くへいってしまった


少しだけ遠くへ行ってしまったひとのことも

いまの時代はSNSという便利なものがあるので

簡単に知ることができる。

 

なにを買っただとか、なにを食べただとか、

なにで笑っているのか、とか。

 

 

 

「なにをした」かはいくらでもわかるのに、

果たしてあのひとはどんな風に笑っていたか

どんな風に語りかけられていたのか

哀しいかな

もう既におぼろげだ。

 

あなたがなにをしようと、その行為に愛着は持てない。

あなたの顔に声に幾重の愛しみを感じていたを知る。

 

 

まあでも、もうあんまり思い出せない。

 

目の前にいるものしか愛せない。