読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しをかくひと

 

詩をかくひとに、現代はほんの少しやさしくない。

簡単で便利なものが持て囃される今の世の中で、

確かに詩は簡単でなければ便利でもないので、

煙たがられるのもしょうがないなあと思う。

 

 

言いたいことをまっすぐ言えずに、

回りくどく詩を書いてみる。

言いたいことの全てを言えずに、

端的に詩に言葉を落としてみる。

 

 

 

詩を書くひとにやさしくない世の中は

詩を書くひとを笑ったりするだろう。

恥ずかしさを持った詩をかくひとは、それをひとの目から隠したりするだろう。

茂みの中へ、こそっと身を隠したひとつながりの言葉たちの

何と力の弱いことよ。

 

 

たとえみんなの目から見えなくなってしまってもかまわない、

その小さく弱い言葉の灯りが

あなたの中から消えてしまわないことを願う。