読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともだちのこいびと

 

友達と、友達の恋人と、3人で遊ぶことが好きだ。

多分自分のまわりのどの人よりも、その機会に恵まれていて、

凄い時は、彼女方の親に「はじめまして」の挨拶を言いに行くのにも

付き添ったほどだ。

 

 

 

以前友人が

「もしも人類が2人で交配するのでなく、3人で交配する生き物だったなら、

 みみっこさんは理想的な3人目のパートナーだと思う」

というような言葉をくれたが、

これ以上にわたしを飾る言葉も無いように思う。

 

 

 

 

 

友達が男の子の場合でも女の子の場合でも、

友達と、友達の恋人と出かけるということは、

だいすきな友達が、だいすきなひとと一緒にいて、

本当に嬉しそうな顔を間近で見ることができるので好きだ。

 

けしてわたしの前では見せない、

「恋」というフィルターにかかった顔を見れるのが好きだ。

 

2人にくっついて甘えたり、時たま距離を置いたりしながら、

まるで2人が自分のお父さんお母さんのように感じられるのが好きだ。

 

 

 

 

 

 

2人と一緒にいながら、

どうしてわたしは友人の彼女(または彼氏)になり得なかったのかを考える。

どうしていたらわたしは、その子の恋人になり得たのかを考える。

 

でもきっと、どうやったって、

わたしが幸福を感じる2人の雰囲気は、

その2人でしか創り出すことが出来ないことを知り、

 

ちょっと世界に絶望するのが好きだ。