読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterがすきでした


Twitterは川のようだ、といつも思っていました

【拡散希望】と撒き餌をし、引っかかってくれる魚は食べられそうならなんでもよかった

相手の顔が見えなければ見えないほど、それはよかった

 

 

顔の見える相手とひとりひとりでやり取りをして、

溜まっていく送受信メールに飽き飽きしていたのかもしれません

大きなイベントをするときもそうだけど、

なにげない映画を観に行くその日だって

相手は別に、「あなた」でなくてよかった

 

その映画を好むか好まないかどきどきしながら声をかける「あなた」よりも

映画のタイトルを出しただけで「おっ、いいね」と言ってくれる誰かと連れ添う方が

ずっとずっと楽だった

 

 

【拡散希望】と撒き餌をしては

気に入った言葉や思想の星を拾う

 

Twitterは贅沢な川でした

 

 

 

 

顔の見えないたくさん「誰か」と遊ぶうちに

たくさんの「誰か」は「あなた」になっていった

 

撒き餌をとにかくたくさん食べてくれる「誰か」ではなく

ひとりとひとりの「あなた」でなくては

 

Twitterをはじめてから見なくなった携帯メールで、久しぶりに声をかけてみた

当たり前だけれど、「誰でもいい誰か」ではなく「あなた」から

確実に返事が返ってきた

 

 

 

 

 

Twitterがすきでした