読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【告知】3月31日(土)恋愛ワークショップ

 

先日、主催をさせて頂いた恋愛ワークショップをなんとか終えた。

 

 

イベントの告知文にも書いたように、

わたしに最後に正式に恋人と呼べるひとがいたのはもう2年も前のこと。

元来恋愛にはひとより関心がなかったわたしが

 

「わたしは恋をしないのではなく、恋が出来ないだけなのではないか。はたして、恋人を作ろうとして作れるのか」

 

と思い立って、

たまたま近くにいた素敵な男性に声をかけたら彼は恋人になりました。

恋人を作ることはそれまで思った以上に簡単でした。

出会って、名前を聞いて、連絡先を聞いて、一緒にご飯を食べて、おうちにいって、セックスをすれば

彼は恋人になってしまっていた。

(どちらが選ぶとかではなく)

恋人を作るのにに必要な条件なんてそれだけのものだったのだなあと。

 

 

 

以来、世間一般に言われる真面目な恋をすることをやめました。

だって、わたしにはもう恋が出来てしまったのだもの。

一度出来てしまったことには、さして興味がないのです。

 



けれど、ひとに話してみるとこれは、恋が出来たというよりも、その当時たまたま恋人が出来たに過ぎないみたい。


恋が出来ることと、恋人が出来ること、似たようでいてどうしてこうも違うのでしょう。

 

 



そうやって、わたしが恋愛というものに関心を失って早2年。

恋をしていないか、と言われれば嘘になる。

魅力的なひと、ずっと見つめていたいようなひと、たまにでも会えたら嬉しいようなひと、

そんなの性別も年齢も問わずに多数すれ違ってきた。

けれど、恋人にしたいなどとは思ってはこなかった。

そんな約束事で誰かとの関係を縛り付けようとするのが嫌なのだと思う。

 

 

"恋人"という約束をすることで、定期的に会わなくてはならない、

という規則を気付かない間に結んでしまっていることが嫌だ。

知らない間に結ばれた規則なのに、それを破られてしまうと、

裏切られたように勘違いしてしまう自分が生まれてしまうのが嫌だ。

 

会いたいひとには、会えるときに、"会ってしまえる"のが一番いい。

ふ、とした瞬間、なんとなく、会えてしまえるのがいい。

 

 

 

 

そんな約束恐怖症のわたしにとって、

恋愛ワークショップを迎えることは非常に恐ろしいことでした。

 

自身で主催しておいてこんなこと言うのも変だけれど、

「恋愛」という名のもとに集ったひとたち、

恋愛に強い気持ちを持っているひとたち、

今のわたしには想像もつかない、言葉も伝わらないような宇宙人と対峙する瞬間のような恐ろしさを感じていた。

 

 

けれど、いざ参加者の恋愛の悩み等に触れてみると、

怒りが二次感情である、というように

恋愛感情も(大抵は)何か大きな要因の末端に在り、

他人にとって判りやすい形で根底に眠る問題が恋愛という形で表層化しているだけに過ぎないのかもしれない、と気付きました。
 
恋愛ワークショップとは、自身の恋愛観を見つめ直すと銘打っていながらも、
 
自身の恋愛観を通して、その本質を自分で捉え直すというワークだったのかもしれない。
 
(これはカウンセラーで催眠術師でもある講師の高石くんの性質が強く出ているためかもしれないが)
 
 
 
 
 
最近、いくつかのワークショップに参加しはじめたり、お手伝いとして同席させて頂いすることで、
 
ワークショップの本質はワークを体験し、その内部から学びを得ることよりも、

自身が体験しているどのワークにも(ワークショップ関係なく)、必ず外側があり、
 
必ず外側からワーク見つめている(または無視もしたり、気付かないフリをしている)他人がいる、
 
という気付きにあるのではないか、と思いはじめている。
 
 
 
今回のワークショップの形式は少し特殊で、
 
講師の高石くん曰く「ナラティブセラピーのリフレクションプロセス」を使用したものらしく、
(形式詳細は下記ブログへのリンク参照)

ワークの外側にあること、もの、またそちら側にいる際の自分、
 
を体感することの出来るその形式が本当に面白いなあと思いました。
 
 
前回わたしは、ワークの内側には入らず、外側でワーク自体を眺めていた役割だったのですが、
 
他人のワークを外側から見ることで、不思議と自身のワーク時となにかダブらせて見てしまうことが多々あります。
 
それを外側から、他人のワークだからと好き勝手言うことで、
 
少しだけ客観的に、自身に意見することが出来ます。
 
 
 
他人の恋愛事情に寄り添う、それは同時に自身に寄り添っていることでもあり、
 
そうすることであの日わたしは確かに、それまで閉ざしていた恋愛の扉をほんの少し開けた気がします。
 
 
 
 
 
 
 
 
-------------------------------------------------------------------------------------
 
 
 
そんな、わたしにとっても非常に学びの多かった恋愛ワークショップを今月末、
 
3月31日(土)に再度まれびとハウスにて開催します。
 
 
 
 
 
 
興味の有る方、日程的に前回は断念した方、
 
以下にワークショップの詳細を書いた、講師である高石くんの告知のブログエントリをリンクしておきますので、
 
是非御参照ください。