読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋と退屈

 

「彼女はシェアハウスに住んでいて、

 普通より多数の他人の恋愛を聞いたり見たりしながらも、

 自分は恋愛をしていない不思議なひとです。」

 

 

と、先日の恋愛ワークショップにて講師の高石くんに紹介された。

 

 

(不思議だよなあ…)と思ってすぐに(不思議かなあ…)と思っていた。

 

 

 

 

 

自分が恋もしていない幼いうちから、友人の恋相談を聞いていた。

自分がセックスもしていないうちから、男の子の恋愛性相談を聞いていた。

 

話しやすいのか、聞き上手なのか、

確かに学生時代、いやもっと幼いうちから、ひとよりたくさん恋愛話を聞いていた気もする。

 

 

 

 

"なのに"自分は恋愛をしない

"だから"自分は恋愛をしない

 

 

 

 

 

 

ひとりしか出来ないテレビゲームがある。

わたしはテレビゲームをするのが苦手なので、自分でクリアできることはあまりない。

けれど、テレビゲームはすきだ。

他の上手なひとのテレビゲーム画面を見ているだけで、まるで自分がやっているように楽しめるのだ。

 

買えないけれど、やりたいテレビゲームがあったときは攻略本を買った。

攻略本を隈なく読むことで、わたしはテレビゲームをすることができた。

 

 

 

 

 

 

わたしは、わたしに相談をしてくれるあなたたちみんなと共に、

恋愛をしていたんだと思います。

(正確には、している気になっていたんだと思います。)

 

みんなと一緒にときめいて、みんなと一緒に傷ついて、

たまにはあなたとあなたの恋人と3人で実際におでかけして。

(わたしは友人カップルとの3人デートがとてもすき。)

 

 

 

 

いつか、それらが枯渇したときが、わたしが恋愛をするときなのかなあ…と締めようと思ったけれど、

そんなこと誰にもわからない。