読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこにエサをやるように愛する愛(仮)

最近とてもすきな素敵な男の子に

「実は好きなひとがいるんです…」

と恋の相談をされたので、

わたしと彼は思った以上に長い付き合いになりそうだな、と嬉しくなった。

 

 

 

わたしが彼をすきなのは、まるでネコにエサをやるように彼を愛せるから。

だから、彼がとてもすき。

彼の名前を呼ぶのがとてもすき。

呼ぶときは「◯◯くん、◯◯くん、」と2回呼ぶ。

彼はネコが自分の名前を呼ばれたように反応するけれど、

その多くはこちらを振り向かない。

ただ、ぴくりと気付くだけ。

だからわたしはもっと彼の名前を呼びたくなる。

 

 

 

わたしは彼がすきというよりは

きっと、

ねこにエサをやるように愛せるわたしから彼への愛がとてもすき。

 

 

 

(この物語は一部フィクションです)